コープ商品のQ&A:商品表示・その他 保存方法

「常温で保存」とは何度くらいをさすのでしょうか。夏は室内も相当高温になりますが、冷蔵しなくてもいいでしょうか。

食品を「常温で保存する」場合の温度について食品表示法では定義されていません。一般には「意図的に熱したり冷やしたりしない自然な温度」と解されます。コープ商品では、冷蔵や冷凍が不要という意味で、高温を避け、外気温を超えない室温と考えています。
なお、一時的に高温になってもすぐ品質が劣化するわけではありませんが、あまり暑い状態が続くと、元々設定した賞味期限より早く風味が落ちる可能性があります。このような場合は念のため、召し上がる際はにおいや状態をご確認ください。
なお、ほとんどの商品は冷蔵しても何ら問題ありません。特に切干大根、味噌や醤油、果実野菜飲料、米などは、冷蔵する方がより風味を保てます。保管場所に余裕がある場合は冷蔵していただくのも一つの方法です。
(冷えると固くなるLL麺(長持ち生タイプ麺)等の一部商品を除く)

個別の事象に関わるQ&Aについては、当てはまらない場合もあります。

更新日:2016年11月03日

その他の質問

関連コンテンツ

ページトップに戻る