ASC認証環境や地域社会に配慮した養殖

責任ある養殖業への改善を進めます。

ASC認証

ASC認証とは

ASC(Aquaculture Stewardship Council:水産養殖管理協議会)は、 海などの環境や地域社会や人に配慮した、責任ある養殖により生産された 水産物を対象とする認証制度を運営しています。
養殖水産業は、海洋環境の悪化、エサとなる天然魚の利用による海洋資源への影響、 養殖魚の逃避による生態系の乱れなど、環境に悪影響を及ぼすケースが少なくありません。 また、労働条件や地域との関わりなど社会的な問題を抱えている場合もあります。
これらの課題を解決し、持続可能な形で養殖業を次世代へつなげるのがASCの認証制度です。 ASCロゴは、環境と社会に配慮した養殖業として認証され、責任ある養殖により生産された水産物の印として付けられます。

ASC認証の原則

ASC認証の原則

ASC認証は魚種ごとに作成された基準に従って養殖場の審査が行われます。
基準には海底の汚染指標、エサ原料にとなる天然魚の使用率、地域社会との関わりなど、 以下の7つの原則による細かな審査基準が設けられています。自然資源の持続可能な利用を補いながら、 養殖そのものが及ぼす環境への負荷を軽減し、これらに配慮した養殖業に携わる地域の人々の人権を守り暮らしを支えているか審査・認証します。

  • 国および地域の法律および規制への準拠
  • 自然生息地、地域の生物多様性および生態系の保全
  • 野生個体群の多様性の維持
  • 水資源および水質の保全
  • 飼料およびその他の資源の責任ある利用
  • 適切な魚病管理、抗生物質や化学物質の管理と責任ある使用
  • 地域社会に対する責任と適切な労働環境

「CO・OP殻ごとカリッとえびソテー(ガーリッ ク&ハーブ)」の場合

ASC認証を取得した製造工場の自社養殖池または契約養殖池で育てたえびを使用しています。 マングローブなど周辺の生態系への影響を最小限に抑えるため、養殖池の立地を制限し、 排水が周辺環境を汚染しないように厳しいルールを設けています。 また、エサについても原料がきちんと管理されていることを確認して使用しています。 このような厳しい基準を満たした社会や環境に配慮した養殖環境で育ったバナメイえびを使用しています。

※ベトナムの養殖池 産地の一例です

対象商品の一覧をみる
コープ商品の公式アカウント一覧