地域と社会に貢献しますFSC®認証

責任ある新管理のマーク
FSC

FSC®とは

FSC®(Forest Stewardship Council®: 森林管理協議会〕は、責任ある森林管理を世界に普及させることを目的とする、独立した非営利団体で、国際的な森林認証制度を運営しています。
FSC®森林認証では、「森林管理のためのFSC®の10原則と基準」に基づき、木材を適切に管理し、その木材でできた製品を確実に消費者に届けることで、森林資源の保全を消費者が支える仕組みをつくっています。

森林から、製品が届くまで

FM(森林管理)認証とは

森林がFSCの定める基準 を満たす管理がされているかかどうか、客観的に確認する為の認証制度です。

CoC認証とは

COC(Chain of Custody:加工流通過程の管理)認証(FSC®)とは 、FM(森林管理)認証を受けた森林から産出された木材を使用した製品が、加工から消費者の手に渡るまでの間、適切に管理されていることを確認する制度です。 

森林から、製品が届くまで

日本生協連の取り組み

「FSC認証商品」が年々増えています。

コープ商品では様々な商品にこのFSC認証マークがついています。2017年からは、包材(紙箱やダンボール)のFSC認証化に着手、2020年までには、コープ商品全体の「再生原料使用+FSC認証」使用割合を90%を目指します。また段ボールの50%をFSC認証品にします(枚数ベース)。

2012年度〜2017年度のFSC認証化フロー図
2012年度〜2017年度のFSC認証化フロー図
FSC認証商品数と供給金額の推移

ページトップに戻る