ブラックタイガー養殖業改善協力金(略称:エビ養殖業改善協力金)

おいしいブラックタイガーがいつまでも食べられるように - 「インドネシア・ エビ養殖業改善プロジェクト」おいしいブラックタイガーがいつまでも食べられるように - 「インドネシア・ エビ養殖業改善プロジェクト」

日本生協連は、ブラックタイガーの主な産地であるインドネシアにおいて、2018年7月から2021年6月までの3年間、「スラウェシ島 エビ養殖業改善プロジェクト」(第一期)をすすめてきました。これは、日本生協連、WWFジャパン、WWFインドネシアとBOMAR社(ブラックタイガー商品の主なメーカー)の協働により、環境と社会に配慮した責任ある養殖業への転換の取り組みを支援するものです。
2021年7月より、第二期の「インドネシア・エビ養殖業改善プロジェクト」を開始します。

2021年7月より第二期がスタート

第一期(2018年7月~2021年6月)はブラックタイガー養殖業の改善をすすめていましたが、第二期(2021年7月~2023年6月)は天然の親エビ資源の持続可能性を課題に加えて取り組みます。

❶スラウェシ島南スラウェシ州(養殖業改善の拡大)

養殖エビの生存率の向上、マングローブ再生の拡大を継続してすすめます。

❷ジャワ島中部ジャワ州(養殖業改善の展開)

新たな現地企業(MISAJA MITRA社)との取り組みを開始します。

❸スマトラ島アチェ州(親エビ資源の保全)

養殖ではアチェ州で採捕された親エビからふ化させた稚エビが多く利用されています。近年、親エビが過剰漁獲の状態にあるため、その資源や生息環境の保全に向けた調査等を行います。

ブラックタイガー養殖業改善協力金の取り組み

  • 粗放養殖マークのついた
    商品を購入。

    ※但し、対象商品が本プロジェクト対象養殖池の生産品とは限りません。

  • 商品1点につき3円が「ブラックタイガー養殖業改善協力金」として寄付されます。

  • プロジェクトを支援します。

    寄付金は、以下のような活動に
    つかわれます。

    養殖池周辺の
    環境改善を目指した
    マングローブの再生

    エビ生産者への持続可能な
    エビ養殖に関する研修

    環境配慮型の養殖に
    必要な水質管理

2020年度(2020年3月21日~2021年3月20日)全国の生協での協力金総額

958万6,995円

※プロジェクトの取り組みのひとつである「ブラックタイガー養殖業改善協力金」は、
2019年3月からスタートしました。

パッケージについて

2019年春から、CO・OPブラックタイガー商品シリーズのパッケージには「自然の恵みでのびのび育てた粗放養殖」マークを掲載します。

※パッケージは順次切替えます。
※パッケージの切替わる時期は生協によって異なる場合があります。
このマークは、原料のブラックタイガーが、「粗放養殖」という自然の恵みを生かした方法で育てられたことを表しています。
粗放養殖とは粗放養殖とは
地形を生かした広い池でのびのび育てます。
池入れ後に人工的なエサを与えません。
池に入れたエビに投薬はしません。
海の満ち引きを利用して池の水を入れ替えています。
自然に近い環境で、のびのび育てる養殖方法です。

ブラックタイガー商品
ラインナップ

大きなご馳走えびフライ
6尾(280g)

詳しくはこちら

サクッとプリプリえびフライ(特々大)
(4尾×2袋)260g

詳しくはこちら

サクッとプリプリえびフライ(特大)
(5尾×2袋)260g

詳しくはこちら

サクッとプリプリえびフライ(大)
(4尾×2袋)175g

詳しくはこちら

プリッとしたブラックタイガー
えびフライ(大) 130g(5尾)

詳しくはこちら

殻むき簡単ブラックタイガー
(背わた取り済み)特々大 12~13尾(420g)

詳しくはこちら

殻むき簡単ブラックタイガー
(背わた取り済み)(特々大)8尾 260g

詳しくはこちら

殻むき簡単ブラックタイガー
(背わた取り済み)特大 8尾(200g)

詳しくはこちら

殻むき簡単ブラックタイガー
(背わた取り済み)大 8尾(150g)

詳しくはこちら

下ごしらえ済みブラックタイガー
(特々大)6尾 170g

詳しくはこちら

下ごしらえ済みブラックタイガー
(特大)6尾 130g

詳しくはこちら

手間なし簡単ブラックタイガー
(殻むき済み)大 10尾(150g)

詳しくはこちら

ブラックタイガーむきえび
16~20尾(150g)

詳しくはこちら

※パッケージは2019年春から順次切替わります。

ページトップに戻る