プラスチック問題とコープ商品の取り組み

プラスチック問題のエシカル

プラスチック問題のエシカル

私たちのくらしと社会、経済に深く浸透した便利な素材、プラスチック。このプラスチックごみによる海洋汚染など、近年環境問題に対する意識がますます高まっています。
便利のその先を見据え、プラスチックとどう向き合うか、コープ商品ではプラスチック容器重量の削減や再生プラスチック・植物由来プラスチックへの切り替えなど、できることから取り組みを始めています。

コープ商品が
プラスチック包材
環境対応で目指すこと

環境負荷を減らす取り組みとして、
包材について、以下の4つの視点による検討を進めています。
2030年に向けて、容器包材のプラスチック重量ベースで2016年対比25%(約5,195トン)削減、再生プラスチックと植物由来素材プラスチックの使用率を合計で50%に引き上げるなどの取り組みを目標に掲げています。

リデュース 使用量削減

包材を「省く」(袋内のトレイをなくす)「小さくする」「薄くする」などを、強度・安全性・保存性を考慮しつつ進めます。

ただの炭酸水ただの炭酸水ただの炭酸水

リユース 繰り返し使用

洗剤・シャンプーなど、ボトル規格に加えた詰替用規格の配置を継続します。

セフターENERGY 抗菌・防臭 詰替用セフターENERGY 抗菌・防臭 詰替用セフターENERGY
抗菌・防臭 詰替用

リサイクル 再資源化・再生

回収PETボトルなど、再生資源を原料とする包材の利用を推進します。エコマークの認証の取得も進めます。

ビーフカレー中辛ビーフカレー中辛ビーフカレー
中辛

バイオマス 植物由来素材利用

植物由来プラスチックの利用を推進します。エコマーク認証の取得も進めます。

白がゆ白がゆ白がゆ

エコマーク=エコマーク

コープ商品の取り組みについてご紹介

リデュース使用量削減

ボトルを薄く、軽くして
495トンのプラスチックを削減しました

CO・OPただの炭酸水

2017年4月から環境に配慮してボトルを薄く軽く改良しています。
多層構造にすることで、ボトルを薄くしつつも、バリア性は高めて炭酸が抜けにくい素材にしています。
1本あたり7g軽量化し、2019年3月までの2年間でプラスチック使用量を495トン削減しました。

ボトル本体のプラスチック量を削減

ラベルフィルムを省いたペットボトル入りの水を発売

CO・OPラベルのない水(あずみ野)

2019年6月からペットボトルにラベルフィルムをつけない水を発売し、1ケースあたりのプラスチック使用量を5.16g削減しました。2018年1年間の出荷実績から換算したプラスチック削減量は年間9.9トンの見込みです。

ラベルのない水

リサイクル再資源化・再生

パッケージの一部を再生プラスチックへ

CO・OP流せるトイレクリーナー

2019年4月からパッケージの一部を再生PET素材に変えることで、石油由来プラスチック使用量を5.4トン削減できる見込みです。
また、パッケージをコンパクト化することで、プラスチック使用量自体も1.6トン削減、トータルで年間約7トンの削減になる見込みです。

(2017年11月~2018年10月日本生協連出荷実績より換算)

プラスチック使用量年に7tの削減

バイオマス植物由来素材利用

袋の一部を、石油由来から植物由来へ

CO・OPオリジナルブレンドレギュラーコーヒー

2017年9月からパッケージの一部を植物由来プラスチック素材に変えました。植物由来プラスチックに変えることで、枯渇資源である石油の使用量を削減することができます。

袋の3.6%を植物由来プラスチックに変えました

コープ商品のプラスチック包材への取り組みを動画でご紹介します。(1分20秒の動画です)

ページトップに戻る