産地のたより播種作業が始まりました

今年の降雪量(1年間に降った雪の量)は、雪の少なかった昨年に比べ280cm程多かったため、平年より4日程雪解けが遅れました。しかし、春先は天候に恵まれた為、畑の耕起作業は順調に進み、例年より早い5月中旬より平成30年産大豆の播種作業が始まりました。
 その後も好天続きで順調に播種作業は進んでいき、6月中旬にはJA北いぶき産スズマル大豆の播種作業は無事終了しました!!

大豆畑の砕土・整地作業

(左)砕土作業の様子 (右)整地作業の様子

黒田副組合長が行っているのは砕土作業です。砕土作業とは、大豆の出芽を促進する為、圃場の土を細かく砕きます。砕土作業を行わず、土が粗い状態だと播種した種の深さや覆う土が安定せず、発芽不良や芽が不揃いになったりしてしまいます。
【黒田副組合長より組合員の皆さんへ】
JA北いぶき大豆生産組合 副組合長の黒田です。
平成30年産大豆の播種作業がいよいよ始まるという事で、適期に播種が出来るよう、畑の準備作業で忙しい毎日を過ごしております!!今年も丹精込めて栽培致しますので、私達の大豆をよろしくお願いいたします!!

大豆播種作業

播種作業を行う加藤副組合長

【加藤副組合長より組合員のみなさんへ】
JA北いぶき大豆生産組合 副組合長の加藤です。
平成30年産大豆の播種作業がいよいよ始まりました!!
春先から好天が続いている為、北いぶき管内の大豆播種作業は順調に進んでおります。今後は、管理作業が主になってきますが、生育状況の観察等を徹底し、実りある秋に向かっていきたいと思います。
これからも私達の大豆をよろしくお願いいたします!

関連商品

北海道の小粒納豆

産地:JA北いぶき

関連コンテンツ

ページトップに戻る