コープ商品の品質について信頼回復の歩み

これまでの実績評価と、これからの取り組み

日本生協連は2008年、中国製冷凍ギョーザ事件や原料偽装を契機に、コープ商品の品質保証体系の見直しを行いました。商品事故をできるだけ起こさないためのリスク管理と、商品事故が発生した時に被害拡大を防止するクライシス管理の強化を会員生協と連携して取り組んでいます。

事故の概要について

第三者検証委員会による事故の検証について(2008年2月~5月)

進捗管理委員会による再構築計画の到達点の総括評価(2008年9月~2009年6月)

外部評価委員会による品質保証の評価について(2009年10月~)

コープ商品の品質保証再構築の取り組み報告書

コープ商品の安全・品質向上計画の取り組み

品質保証レポート

ページトップに戻る