地域と社会に貢献しますMSC認証 海のエコラベル

海のエコラベル MSC認証 魚色の未来の為に
MSC

MSCとは

1997年に設立された海洋管理協議会(MSC: Marine Stewardship Council )は、持続可能な漁業を推奨する独立した非営利団体です。MSCの目的は漁業の方法に変化をもたらすことにあります。水産資源の減少から増加への転換、漁業者の生計維持、世界の海洋環境の保護などを目指しています。

今、水産資源はどうなってるの?

世界の天然水産物の漁獲量は頭打ち状態になっています。自然に繁殖し、成長するスピードを考えて適切な量を獲れば、いつまでも食べ続けることができますが、この「適切な量」を超えて獲り続ければ、海の生き物は減ってゆき、いずれは将来食べることが難しくなってしまいます。

MSCの目的

水産資源の減少から増加への転換、漁業者の生計維持、世界の海洋環境の保護などを目的に、1997年にMSC(海洋管理協議会)が設立されました。以来、持続可能な漁業のためのエコラベル認証制度を管理・促進しています。

MSC認証のしくみ

MSCの認証では漁業者を認証する「MSC漁業認証」と加工・流通業者を認証する「CoC認証」があります。MSCのマークをつけてお店に並ぶのは、厳しい審査をパスした信頼ある製品だけ。消費者もこのMSCのマークによって、それが水産資源や海洋環境に配慮した製品であることが分かり、安心して水産物を買うことができます。

MSC漁業認証

水産資源の持続可能性や海洋環境に配慮した漁業を行っているか、審査・認証します。

CoC認証

認証されていない漁業からの水産物が混ざらないよう流通・加工されているか、審査・認証します。

海の資源を守る基準があります(魚業認証)

対象商品の一例

ページトップに戻る