環境について考えたコープ商品 わたしたちコープと環境について考えませんか。環境について考えたコープ商品 わたしたちコープと環境について考えませんか。

コープ みんなでエコ!

地球温暖化や、ごみの問題など、私たちの身近にある環境問題。くらしの中で、できることから取り組みたいという組合員の想いに応えて、日本生協連は1990年から環境に配慮したコープ商品を作り、組合員とともに広めています。
一方、地球環境を取り巻く問題は日々、新たな課題が投げかけられています。日本生協連では2010年に「低炭素社会」「自然共生社会」「循環型社会」の視点から改めて環境政策を整理し直しました。それにもとづき、環境配慮商品も考え方や対象商品などの見直しを行ないました。

エコマークの商品一覧はこちら

環境のことを考えたコープ商品

日本生協連は、コープ商品に社会的に認知された外部の基準を積極的に導入することで、環境配慮の客観性を保ち、それらの基準の認知も広めていきます。そして環境配慮商品の普及・拡大をはかり、社会全体での商品の環境負荷低減に貢献します。

環境に関わる表示について

環境負荷を見える化した商品

カーボンフットプリント(CFP:Carbon Footprint of Products)

商品の原材料の調達・製造から廃棄リサイクルまでのすべての過程で排出される二酸化炭素(CO2)の量を商品に表示したものです。

環境配慮商品

エコマーク

生産から廃棄を通して環境負荷が少なく、環境保全に役立つと認められた商品です。

MSC(Marin Stewardship Council:
海洋管理協議会MSC)海のエコラベル

海の資源を枯渇させないよう、漁獲量や漁法・漁の時期・生態系などに配慮した漁業でとられた水産製品です。

FSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)

責任ある森林管理をしている林業者を支援し、世界の森林保全貢献につながる木材製品です。

有機JAS

一定の基準で農薬や化学肥料を使用しないで作られた農産物とその製品です。

特別栽培農産物

生産された地域の慣行栽培と比べて農薬の使用回数50%以下、化学肥料の窒素量を50%以下で作られた農産物とその製品です。

MELジャパン(マリン・エコラベル・ジャパン)

マリン・エコラベル・ジャパン(MELジャパン)は、水産資源と海にやさしい漁業を応援する認証制度です。

レインフォレスト・アライアンス認証

レインフォレスト・アライアンス認証は、環境保護、労働者や家族の生活向上など持続可能な農業のための包括的な基準を満たした農園に与えられる認証です。

ページトップに戻る