地域と社会に貢献します。

環境や人と社会に配慮した商品で、豊かな食と地域のつながりをつくります。

環境や食と食料、人や社会への配慮を様々な形にしてきたコープ商品。
商品を選択することが環境や社会への貢献につながる、「エシカル消費」に関わる取り組みも、積極的に進めていきます。

エシカル消費 とは

エシカル(ethical)・・・・日本語に直訳すると「倫理的な」という意味になります。
エシカル消費とは、消費者それぞれが地域や社会、環境や人々に配慮して、モノやサービスを買う ──「誰かの笑顔につながるお買い物」と、生協では考えています。

4つのテーマで取り組みをすすめます

コープ商品では「地域」「社会」「環境」「人々」の4つのテーマで「エシカル消費」に関わる取り組みをすすめていきます。

豊かな地域を作り出せたら

1960~70年代にかけて、農薬や化学物質の使用により、食品の安全が社会問題となりました。以来、安全で新鮮な食品を求める消費者の声から、生協は生産者と手を結んだ産直商品やコープ商品を育てることで、生産者や産地とのつながりを大事にしてきました。(「コープ商品のあゆみ」はこちら)
コープ商品では、産地とのつながりを加工食品でも形にするため国産原料を使用した商品の開発を進めています。

「産地指定」マーク

主要な原材料に、産地や栽培方法が明らかな国産素材を使用した商品です。

「国産素材」マーク

「国産素材を使用した商品を積極的に使用したい」という願いに応えるため、マークを付けて選びやすくしました。

公正な社会の仕組みを作り出せたら

日本生協連は全国の生協とともにコープ商品を通じた社会貢献に取り組んでいます。

フェアトレード

発展途上国の農産物や製品などを、単に市場価格で買い付けるのではなく、農家の生活が成り立つように考慮した「フェア(公正)な価格」で継続的に輸入・消費する取り組みです。

CO・OP×レッドカップキャンペーン

対象となるコープ商品を1点ご購入いただくごとに1円が国連WFPに寄付され、子どもたちに学校給食を届けるために使われます。

CO・OPコアノンスマイル
スクールプロジェクト

対象となるコープ商品を1点ご購入いただくごとに1円がユニセフを通じてアンゴラ共和国に寄付され、楽しく学べる環境づくりに使われます。

地球の「環境」を守り続けることができたら

地球温暖化や、ごみの問題など、私たちの身近にある環境問題。
くらしの中で、できることから取り組みたいという組合員の想いに応えて、日本生協連は環境に配慮したコープ商品を作り、組合員とともに広めています。

MSC認証

海の資源を枯渇させないよう、漁獲量や漁法・漁の時期・生態系などに配慮した漁業でとられた水産製品です。

FSC®認証

責任ある森林管理をしている林業者を支援し、世界の森林保全貢献につながる木材を使用した製品です。

レインフォレスト・アライアンス認証

環境保護、労働者や家族の生活向上など持続可能な農業のための包括的な基準を満たした農園でつくられた農作物を使用した製品です。

オーガニック(有機栽培)

一定の基準で農薬や化学肥料に頼らずに土壌の力を生かし、環境の負荷をできるだけ少なくする農法で作られた農産物を使った製品です。

洗剤環境寄付キャンペーン

環境に配慮したコープの衣料用洗剤の普及と環境保護に貢献することを目的とした取り組みで、対象商品を1点ご購入いただくごとに1円を、NPO法人 ボルネオ保全トラスト・ジャパン「ボルネオ緑の回廊」プロジェクトや、国内外の環境保護団体に寄付します。

上記以外も含めた、環境について考えたコープ商品について、詳しくはこちら

「人々」の「生きる」を支えることができたら

全国の生協は、くらしの問題の改善やハンディキャップの克服などの支援につながる取り組みを、すすめていきます。

ピンクリボン運動

コープ化粧品を1点購入につき1円を、乳がんに対する啓発と患者や家族の支援を進める認定NPO法人J.POSH (日本乳がんピンクリボン運動) の「ピンクリボン運動」に寄付するとともに、広くその取り組みをお知らせします。

障害者ノルディックスキー支援

「応援食クッキー」を通じて、障害者ノルディックスキーを応援します。応援食クッキー1点購入につき1円を、障害者ノルディックスキー日本チームの活動資金として寄付します。

ページトップに戻る