coop コープ商品

文字の大きさ

開発検査について

コープ商品を開発するとき

原材料のリスクに応じて残留農薬検査や動物用医薬品検査を行っています。大豆、トウモロコシなどは遺伝子組換え食品の検査を実施し、表示内容どおりか確認します。また、偽装のリスクが高い原材料については産地判別検査や品種判別検査などを導入しています。

試作品をつくり、仕様書の設計どおりにでき上がっているか確認を行います。栄養成分検査をもとにパッケージの栄養成分表示をつくります。

開発検査の流れ

開発検査の流れ(図)

ページのトップに戻る

このホームページはWeb標準をサポートとした最新バージョンのブラウザ()で正常にご覧いただけます。
このホームページに掲載の記事・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。 また、当ホームページとリンクを張る際はメールにてご連絡ください。

coop
Copyright 日本生活協同組合連合会 All rights reserved.