coop コープ商品

文字の大きさ

遺伝子検査

遺伝子検査 イメージ

遺伝子の検査は、コープ商品に使われている原料の種類の確認や、微生物検査で検出したカビ、酵母、細菌の種類を同定する場合に行います。

検査の紹介

肉種判別検査、GMO(遺伝子組換え作物)検査、菌種同定検査などを行っています。

1.検体の準備

検体の準備
肉種判別検査では検体から肉部分を取り出して、均一化します。
検体の準備
GMO検査では穀粒を粉砕して均一化します。
検体の準備
菌種同定検査では微生物検査で検出した菌体を採取します。

2.DNAの抽出

DNAの抽出
検体からDNAを抽出し、精製を行います。

3.遺伝子の解析

検体の準備
肉種判別検査やGMO検査では、該当する遺伝子の有無を見ることにより、食品に使用された原料に間違いが無いか確認を行います。
検体の準備
菌種同定検査では、遺伝子配列を解読して、微生物種の同定を行います。

ページのトップに戻る

このホームページはWeb標準をサポートとした最新バージョンのブラウザ()で正常にご覧いただけます。
このホームページに掲載の記事・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。 また、当ホームページとリンクを張る際はメールにてご連絡ください。

coop
Copyright 日本生活協同組合連合会 All rights reserved.