coop コープ商品

文字の大きさ

動物用医薬品検査の検査

動物用医薬品検査 イメージ

動物用医薬品には、抗生物質、合成抗菌剤、ホルモン剤、内寄生虫用剤などがあり、家畜や養殖魚の疾病対策、生産性向上などを目的に使われています。コープ商品の原料を中心に、食品衛生法などの規格基準が守られているかを確認するために、一斉分析法と個別分析法で検査を行っています。

検査の紹介

抗生物質、合成抗菌剤などについて、多数の薬剤を同時に測定しています。

合成抗菌剤検査の場合

1.検体の準備1.検体の準備
食品を細かく均一な状態にし、一定量をはかり取ります。
2.抽出2.抽出
溶媒を加えてミキサーで混合し、合成抗菌剤などを抽出します。
3.脱脂3.脱脂
別の溶媒を加え、激しく振り混ぜて、脂質を除きます。
4.濃縮・乾固4.濃縮・乾固
溶媒を揮発させて濃縮し、さらに窒素ガスを吹き付けて乾固させます。
5.再溶解、遠心分離5.再溶解、遠心分離
別の溶媒を加えて溶かし、遠心分離して不溶物を除きます。
6.測定6.測定
機器で測定します。

動物用医薬品の一斉分析法について

幅広い薬剤に対応できるよう、一斉分析法でのスクリーニング検査を行っています。合成抗菌剤など約140項目を対象に、ポジティブリスト制度での一律基準のレベルに対応しています。

ページのトップに戻る

このホームページはWeb標準をサポートとした最新バージョンのブラウザ()で正常にご覧いただけます。
このホームページに掲載の記事・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。 また、当ホームページとリンクを張る際はメールにてご連絡ください。

coop
Copyright 日本生活協同組合連合会 All rights reserved.