coop コープ商品

文字の大きさ

放射性物質の検査

放射性物質の検査 イメージ

コープ商品の幅広い品目を対象に、原料・製品の各段階で、総合的なモニタリング検査を行っています。さらに「家庭の食事からの放射性物質摂取量調査」をすすめています。

検査の紹介

ヨウ素131、セシウム134とセシウム137を測定しています。

1.検体の準備1.検体の準備
食品をミキサーで細かく均一な状態にします。
2.容器に詰める2.容器に詰める
細かくした検体の一定量を取り、測定容器にできるだけすき間なく詰めます。
3.測定3.測定
検体を詰めた容器を検出器にセットし、測定します。
4.解析4.解析
パソコンでデータを解析し、各放射性物質の濃度を計算します。

使用する機器について

日本生協連商品検査センターでは、厚生労働省「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」に沿って、ゲルマニウム半導体検出器を用いて測定しています。

しゃへい体は厚さ10cmの鉛の箱です。全体の重さは1,200〜1,600kgあります。

ページのトップに戻る

このホームページはWeb標準をサポートとした最新バージョンのブラウザ()で正常にご覧いただけます。
このホームページに掲載の記事・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。 また、当ホームページとリンクを張る際はメールにてご連絡ください。

coop
Copyright 日本生活協同組合連合会 All rights reserved.