coop コープ商品

文字の大きさ

食品添加物の検査

食品添加物検査 イメージ

食品添加物の検査は、コープ商品が食品衛生法や日本生協連の自主基準に適合し、商品仕様に基づいて製造・管理されていることを確認するために行っています。

検査の紹介

保存料、酸化防止剤、甘味料、着色料、漂白剤(亜硫酸)、発色剤(亜硝酸)、結着剤(リン酸塩)、製造用剤(アルミニウム)などの項目を検査しています。

保存料、酸化防止剤の検査の場合

1.検体の準備1.検体の準備
食品を細かく均一な状態にし、一定量をはかり取ります。
2.抽出2.抽出
溶媒を加えてミキサーで混合し、食品添加物を抽出します。
3.ろ過3.ろ過
抽出液をろ紙でこし、固形物を除きます。
4.濃縮4.濃縮
溶媒を揮発させ濃縮します。
5.再びろ過5.再びろ過
専用のフィルターを通し、微細な固形物を除きます。
6.測定6.測定
機器で測定します。

漂白剤(亜硫酸)の検査の場合

ガラス製の蒸留装置を使い、加熱して食品から揮発させてフラスコに集めます。
試薬を入れて発色させ、機器を用いて色の濃さを測定し、亜硫酸の含有量を計算します。

1.蒸留、2.発色、3.測定

ページのトップに戻る

このホームページはWeb標準をサポートとした最新バージョンのブラウザ()で正常にご覧いただけます。
このホームページに掲載の記事・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。 また、当ホームページとリンクを張る際はメールにてご連絡ください。

coop
Copyright 日本生活協同組合連合会 All rights reserved.