coop コープ商品

文字の大きさ

検査センターのあゆみ

1972年に床面積33m²で設置された商品試験室で、食品、洗剤、紙製品を対象に検査をスタートしました。その後、移転や増築などを行いながら検査機能を充実させ、2002年9月25日に現在の商品検査センターがオープンしました。

1971年
商品試験室の設置を決定
1972年
商品試験室開設
食品、洗剤、紙製品を対象に検査をスタート
1976年
商品検査センター開設
微生物検査、家庭用品の物理物性検査、食品添加物検査、栄養成分検査、
放射性物質の検査、残留農薬検査、動物用医薬品検査などを順次導入
1994年
新商品検査センター建設、移転
1996年
遺伝子検査を導入
1998年
「日本生協連 残留農薬データ集」を発行
2002年
商品検査センター新館完成
2004年
アレルギー物質の検査を導入
2005年
「日本生協連 残留農薬データ集 II 」を発行
2009年
産地判別検査を導入
2009年
においの検査を導入

1972年からコープ商品と二人差客であゆんでいます!

主な施設のご紹介

施設外観

現在の商品検査センターは、「高い検査技術を確保し、正確なデータが得られる」「環境に配慮した」「効率的かつ安全に業務を行える」建物として設計されました。

商品検査センター
住所:埼玉県蕨市錦町1-17-18

地図をみる

主な施設:A棟・B棟

ページのトップに戻る

このホームページはWeb標準をサポートとした最新バージョンのブラウザ()で正常にご覧いただけます。
このホームページに掲載の記事・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。 また、当ホームページとリンクを張る際はメールにてご連絡ください。

coop
Copyright 日本生活協同組合連合会 All rights reserved.