コープ商品の品質について商品の生産

継続して確認する

開発段階で品質確認をしても、原材料の栽培環境や商品の製造環境は常に変化をしていきます。発売中の商品についても、商品のリスクに応じて適切なタイミングで検査や工場点検を実施し、事故防止に努めています。

工場点検を行っています。

発売中の商品に関しては、想定される原料リスクや製造リスクに応じて工場点検の項目や頻度を設定しています。工場内で防虫等に使用する薬剤のチェックや工場への人の出入りといった視点も取り入れ、点検を強化しています。

<工場点検>

商品ごとのリスクに対応した検査をしています。

商品ごとのリスクに応じて検査項目と検査頻度を決定し、定期的に検査しています。

<残留農薬調査>

輸入食品の安全確保に力を入れています。

製造国の状況や過去の商品事故の教訓をふまえて、個別の商品を管理するためのチェックリストを作成しています。そしてこれに基づいて、検査や工場点検をします。またチェックリストは毎年更新して、製造国の状況の変化に合わせた安全管理をしています。

<工場点検>

異臭のお申し出の原因を調べるために嗅覚トレーニングをしています。

<青島事務所での嗅覚トレーニング>

関連コンテンツ

ページトップに戻る