コアノンQ&A

みなさまからいただいた
お問い合わせやご質問の中から
よくあるものをご紹介します。

  • 再生紙って色が黒かったり、
    ムラがあったりするんでしょ?

    コアノンに使用する古紙は何度も水洗いを繰り返して繊維を白くし、紙にすきなおしています。白さはパルプほどではありませんが、肌触りなどの品質は肩を並べるまで改善されています。

  • 牛乳パックを配合すると
    どうなるの?

    牛乳パックは、非常に良質なパルプでできています。牛乳パックを配合すると、コシのあるしなやかな紙に仕上げることができます。

  • どうして105mmに
    なったのですか?

    市販で主流のトイレットペーパーの紙幅は114mmです。これは昭和20年代に米軍が持ち込んだトイレットペーパーのサイズを、JIS規格にしているから。できる限り資源の節約をしながらも、ご家庭のトイレットホルダーで問題なく使用できるサイズということで105mmとしました。

  • ホルダーがワンタッチ式なのですが、
    コアノンは使えないのですか?

    ワンタッチコアノン(太穴)はそのまま使えます。コアノンロール(細穴)も専用芯棒を利用することにより使用できます。専用アダプターセットや芯なしロール用ホルダーも用意しているので安心です。※一部の特殊なホルダーを除いてほとんど利用できます。

  • いつもと違うにおいがするけど、
    どうして?

    紙製品は繊維の集合体で、小さな穴がたくさん空いています。そのため、周囲の環境に影響を受けやすく、周囲のものからにおいうつりすることがあります。保管される際は、においの強いもののそばに置かないようご注意ください。

ページトップに戻る