中高生思春期

好きなものを食べたり飲んだり、お口の中も思春期を迎えます。ホルモンのバランスも大きく変わるこの時期、さりげなく歯みがき習慣をフォローしてあげてください。


思春期には、お口のなかも子どもから大人へと変化

思春期前半はムシ歯になりやすい

思春期は、子どもから大人への変わり目にあたる時期。年齢でいうと、だいたい12~13歳から18~19歳までにあたります。お口のなかで、子どもから大人への変化といえば、乳歯から永久歯に生え替わる点です。思春期前半の12~15歳には、永久歯が親知らずをのぞいてだいたい 生えそろいます。

この時期は、永久歯がムシ歯にもっともかかりやすい時期でもあります。成長に伴い、飲食回数が増えることも多く、ムシ歯になりやすいのです。しかも、小学生低・中学年のころは親の監視で続けていた歯みがきも、次第に子どもだけで磨くようになり、親の目が行き届かなくなります。また、小学高学年から中学生になると、試験勉強などで寝る前に間食をとることが増えるのも、ムシ歯が増える原因といえるでしょう。

年齢とムシ歯のリスク

思春期性歯肉炎

思春期後半は、お口のなかが変化する
思春期性歯肉炎の症状

思春期前半をすぎると、ムシ歯にかかる率は急速に減って安定期に入ります。ムシ歯は減っていきますが、かわりに、それまでほとんど問題にならなかったハグキに重大な変化がおこってきます。思春期性歯肉炎にかかりやすくなるのです。ふつうの歯肉炎は、不潔や不摂生などがおもな原因ですが、思春期性歯肉炎は、ホルモンの分泌バランスがくずれるのがおもな原因です。思春期性歯肉炎は、男子よりも女子の方がかかりやすいといわれています。

思春期性歯肉炎を予防するには

思春期性歯肉炎は、ホルモンの分泌バランスがくずれるのがおもな原因ですが、日常生活でのちょっとした心がけで、炎症を予防することができます。

  • 栄養のあるバランスのとれた食事をしましょう(思春期性歯肉炎の治療に通う若い男子のほとんどは、下宿や寮生活者で、アンバランスな食事が原因のひとつであることは明らかだといわれています)。また、新鮮な生野菜や果物を十分に食べることで、ビタミンCをとり、繊維で腸の活動を活発にすることができます。生野菜には、噛むことでハグキに刺激を与え、ハグキを強くするはたらきもあります。
  • 食後はすぐにお口のなかを清掃して、食べかすを残さないようにしましょう。ブラッシングだけでは歯と歯の間の汚れが残っているので、フロスも使ってみるとよいでしょう。
  • ハグキの状態にあったハブラシを選ぶ。炎症があるときはやわらかめハブラシを使うとハグキにやさしくあたるので、丁寧に磨きやすいでしょう。
  • 思春期は精神的にも非常に不安定な時期。精神的なストレスが歯肉に悪影響をおよぼすので、まわりの人たちが気をつけていたわってあげることが大切です。
  • それほど口臭がないのに、ひどい口臭があると思いこんで、人前に出ることもできない状態になってしまう女性もいます。あまり神経質になりすぎないようにしましょう。